テラハ会議 #2 木村花ちゃん早すぎる死の原因はなに?

今朝テラスハウスの最新話をみた。私の推し女子メンバー・ビビちゃんが卒業をしてしまったあと、かわいすぎる中国の美女が新メンバーとして入居し、来週からのテラハが楽しみすぎて鼻息を荒くしながらブログを書こうとしていた。

 

中国美女のインスタを爆速でフォローして、その魅力を掘り下げようと「さてブログを書くか!」とワクワクしていたところで女子メンバー・木村花ちゃん死去の事実をツイートで見つけてしまった。

 

22歳のどんな選択肢もできる若者が死ぬことを選んだことのショックが大きすぎて、今回は急遽木村花ちゃんの死について思うことを脳内会議する。

 

 

テラハメンバー・木村花ちゃんの死去の原因

 

死去の原因は5/23(土)15:30時点ではまだ明らかになっていない。

 

推測になってしまうのも心苦しいけど、自殺をほのめかすような意味深なツイートがあったことから「自殺では?」とささやかれている。

 

テラハメンバー・木村花ちゃんとは?

 

テラスハウス・木村花

出典:テラスハウス公式HP

 

パフォーマンスとして相手を蹴飛ばしたり大声でののしったりする、女子プロレスラーの試合シーンが何度か放送されてきた。

 

さらに、ひとりの男子メンバーに不注意で大切なコスチュームを洗濯されてブチギレた花ちゃんは、男子メンバーを散々ののしったあとにかぶっていた帽子をはぎとった。

 

視聴者が思い描く花ちゃんのキャラクターは、「職業柄なのか強気だけど恋愛となるとオクテ」みたいなイメージだったと思う。

 

感情が表面化しやすい人間であることは画面越しからでも伝わってきていた。でも、それが花ちゃんの正直さであり若さであり危うさであり魅力である。「言いたいことも言えないこんな世の中じゃ・・ポイズン」を体現する花ちゃんをみて、スカッとする視聴者もいたはずだ。

 

テラハはアンチ育成番組

 

テラハはアンチしていい空気がある。そしてそれは番組の構造上、仕方のないことに思える。

 

私の場合は直接本人にいうことはまずないが、視聴しながらあーだこーだ言っているし、「テラハ会議 #1 社長のココがヤバい!ゆめちゃん逃げて」では社長とゆめちゃんの関係性についてブチギレブログを晒した。

 

なぜテラハはアンチしやすいのか?

 

それは、スタジオメンバーがテラスハウス住人に対してアンチすることにあると考える。

 

YOUやトリンドルなどおしゃれな芸能人のスタジオメンバーが、動物園の動物たちのようにテラスハウスの住人を観察してあれこれコメントをしていく。

 

視聴者はスタジオメンバーと同じ視点でテラスハウスの住人を観察しているので、おしゃれなスタジオメンバーの言うことがもっともらしく聞こえる&スタジオメンバーに視聴者の気持ちを面白おかしく代弁してもらうことで「いいぞ!もっと言ってくれ!」と気持ちよくなれる。

 

主にアンチを頑張るスタジオメンバー・山里亮太は、お笑い芸人なのでやっぱりお話は面白いし、モテないブサイク男の「ヒガミ」を感じる(蒼井優と結婚したからもう感じないけど)から“お笑い”として成り立っている。

 

そして山里亮太が取りこぼしたことを、視聴者はいてもたってもいられず本人に伝えだす。でも視聴者は人をいじるプロじゃないから、ひとつも愛情を感じない直接的な言葉を匿名で伝えることになる。

 

その結果、一般人が一般人を叩く、シンプルな人格否定が横行する。

 

山里亮太のアンチと一般人のアンチはまったく別物で、ワンシーンを切り取って物申すだけでとどまらずに、見た目や人生観など相手の存在自体を全否定することもある。

 

「あいのり」はなんでアンチが少ないのか?

 

同じ恋愛バラエティ番組でも、「あいのり」にはアンチが少なかったように思うが、それはなぜなのか?

 

アンチが少ない理由は、スタジオメンバーが基本的にあいのりメンバーの恋愛が成就するように応援する姿勢だからではないかと考える。

 

スタジオメンバーと視聴者が同じ視点からあいのりメンバーを観察しているという構造はテラハと変わらないけど、スタジオメンバーがあいのりメンバーに愛を持ってポジティブに応援する空気感が視聴者にも伝染する。

 

テラハのスタジオメンバーはテラハメンバーに対してどこか他人ごと感があり、恋愛においても成功<失敗の方がおもしろいみたいな空気感がある気がする。視聴者もその空気感に引っ張られて、好き放題いいやすいのではないかと思った。

 

あいのりの「貧乏旅行」という良くも悪くも人間らしさがでる企画も、視聴者が感情移入しやすくすることを手伝っているのかもしれない。テラスハウスの場合、素敵なおうちと素敵なクルマを与えられて“おしゃれ押し”だからこそ、人間くささとのコントラストに違和感を感じるのかも。バービー人形がかわいいバービーハウスで思いっきりう◯ちしてるみたいな。(違うか)

 

アンチがアンチする理由

 

どの世界にもアンチは存在しているけど、アンチには2パターンいると思う。

 

① 「生理的に無理だから消えて」系

② 「その人と考え方が違う」系

 

私は②でアンチするのだが、アンチというよりは「相手の行動や発言で嫌だったこと」をまとめることで、自分の考えを整理してアイデンティティを確かめたい気持ちが強い。だから、問題のシーンを見返したりアンチしたい人についてある程度調べたりして、なるべくばあさんになった自分が読んでも「違和感を感じたポイント」がわかりやすいように記すようにしている。だから、発信したアンチコメントがなにかの間違いでご本人の目にふれたとしても、堂々と意見して議論する気マンマンである。(自分でアンチ説明するの恥ずかしいけど大事なとこw)

 

①のアンチは、「テレビに出ているのだから叩かれて当然」「とにかく目障りだからテレビ界から消えてほしい」など、考えなしに反射的に拒否しているパターンが多い。

 

匿名性が高いことをいいことに、心無い言葉を使うところが悪質だと思う。こういう人は、本名・職場などがオープンになっている「フェイスブック」では同じような投稿をする勇気はない。

 

マツコデラックスや能町みね子がアンチをしても叩かれないのは、顔出しをしている信頼感(何者なのかをわかっている)&アンチポイントが明確で的確だからだと思う。

 

アンチポイントが明確だと「意見VS意見のぶつかりあい」になり議論の余地があるけど、アンチポイントが雑だとただのワルグチになり「一方的にトマトを投げる」ようなものだ。

 

クレーマーでたとえるとわかりやすいかも。「あなたのお店でまた買い物をしたいからこそ、ココは改善してほしい!」っていうクレーマーと「商品全部が不良品だったぞ!今すぐ店たため!」っていうクレーマーでは、お店に対しての期待値が違う。

 

もちろん後者のほうが電話を受けたスタッフもズシッとくるだろう。そしてズシッとこたえているスタッフをみて、変態クレーマーはこりずにまた電話をかける。

 

ただ、自分が人にした悪事はちゃんとブーメランで返ってくるので、そのつもりでつぶやく覚悟が必要だ。

 

テラハ・木村花ちゃんは死ぬ必要なかった

 

だからこそ悔しい。

 

もし変態クレーマーの心無い言葉で木村花ちゃんが傷ついてしまったのだとしたら本当に悲しいことだし、それで自殺をしたのだとしたら、正直無駄死にだと思う。変態クレーマーはどこまでも変態だから、相手に打撃を与えられたことを今ごろ成功体験として噛みしめている可能性すらある。若い女の子をつかまえて集中攻撃するなんて許すまじ。

 

花ちゃんは本当にまっすぐでピュアで、自分に厳しい人なんだと思う。私はいつもひねくれてて自分に甘い人間なので、ミスチルの曲を聴くと言葉がまっすぐすぎてぶしく感じて、特にひねくれているときに聴くと申し訳なくなりツラくなるので避けてきた人間なんだけど、まっすぐな人もそれはそれで生きにくいのかもしれない。

 

なんでも自分の都合のよいように解釈して誰かに甘えたり、誰かに何かをいわれて傷ついて夜な夜な枕を濡らした朝に「あれ、昨日なんであんなに泣いたんだっけ・・まあいっか」ってノーテンキになったりできないのかもしれないと思った。

 

花ちゃんみたいな真面目でまっすぐな人こそ広く活躍すべき器なのに、本当に悲しすぎる事件すぎて1日中悶々と考えながらダラダラ書いていたら気づけば日をまたいでいたので、このあたりで終わります。

 

花ちゃんのご冥福をお祈りするとともに、考えなしアンチの撲滅を希望します。

 

おやすみなさい!