一人カラオケでラップを歌うか問題

 

 

一人カラオケでラップを歌うか問題

 

一人カラオケでラップを歌うか問題

 

「一人カラオケなんて、恥ずかしくて絶対無理」と思っていた青い私が懐かしく思えるほど、一人カラオケがスタンダード化した今日このごろ。

 

コロナ禍で回数はかなり減ったけど、月に一回くらいは声出ししたくなって、いそいそと一人カラオケに行っている。

 

だから「一人カラオケに行くことが恥ずかしい」という悩みはとうに消滅したんだけど、この恥じらいだけはなかなか消えてくれない。

 

一人カラオケで、ラップ部分がきたらどうしよう……

 

ラップ部分を歌うときに「yo」から入る場合、そのテンション感はどうすべきか?

 

メインボーカルとラップがかぶったらどちらを優先すべきか?

 

そもそも、ラップ部分を歌うべきなのか……?

 

ラップ部分のせいで、そんな葛藤が止まらなくなる。

 

一人カラオケで頑張ってラップを歌うけど、結構恥ずい

 

一人カラオケでもラップを歌うけど、恥ずい

 

いまのところ、とりあえず歌ってみるけど「一人なのにラップ歌うの恥ずかしいな」「もしこのタイミングで店員さん入ってきたら死ねる」「もし声が外に全部もれてて、隣の部屋のカップルに”一人カラオケなのにラップ完璧で草”と思われたらどうしよう」などとだんだん心配になってくる。

 

だからたまに「ゴニョゴニョ……」で誤魔化してみて、頭では完コピできる自信しかないけど「別にラップ部分完璧に歌えるわけじゃありませんよ」とアピールしている。(誰にですよね)

 

たとえば「水曜日のカンパネラ」は、一人カラオケの方が歌うハードルは下がるんだけど、メロディーがあってないようなもので喋りにも近いラップ(?)が延々と続くから、終始どうしたらいいかがわからない。

 

まずは「水曜日のカンパネラ」で一人カラオケしてる人を見てから一人カラオケしたい。

 

本当は、一人カラオケでもラップを歌いたい

 

本当は、一人カラオケでもラップを歌いたい

 

理想をいえば、ラッパーになりきって気持ちよく完璧に歌い上げたい。

 

そう思うのだから、本当はこれが正解なのだろう。

 

でも、圧倒的に立場の弱い一人カラオケの場面において、本能のままに歌い上げるにはリスクが高すぎる。

 

みんなは一人カラオケのラップ部分どうしているんだろう?

 

そもそも一人カラオケでラップが入った曲を選ばないのか?

 

というかそもそも、寂しく一人カラオケなんか行くのは私だけなのか?