ホテル「グランベル新宿」で週末旅行してみた。【ひとりおこもり】

 

ホテル「グランベル新宿」で週末旅行もどき!

 

ホテル「グランベル新宿」で週末旅行もどき!

 

緊急事態宣言下のGW、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

 

私はというと、美術展示もやっていないので、ひたすら積読している本を読もうと手をつけ始めました。

 

ベランダで読むととても集中できることがわかりましたが、「よし、読もう!」と決めるまでがしんどい。めんどくさい。もう、寝ている間に勝手に読んどいてほしい。

 

そんな私の課題図書はこちら。

 

↓↓↓

 

課題図書

 

(めちゃ分厚い・・)

 

編集者やライターがこぞって購入していると噂の本で、読まないわけにはいきません。

 

物語系は読めるのに、仕事にかかわりそうな本とかは読む気が起こらない。

 

読まないと!

 

そこで今日は、強制的な読書環境を手に入れるため、新宿にあるホテル「グランベル新宿」にて、一日たっぷり“おこもり読書”をすることにしました。

 

楽天の割引(?)が1,000円ついて、朝食付き5,000円くらいで泊まれました。(コロナの関係でビュッフェ形式でないのは残念だけど・・)

 

はたして、読書したくなる環境をつくれば、集中して読むことができるのか・・?

 

ホテル「グランベル新宿」のおひとりさま“おこもり部屋”紹介

 

ホテル「グランベル新宿」のおひとりさま“おこもり部屋”紹介

 

15:00、チェックインです。

 

とりあえず備え付けのスピーカーで音楽をかけたりコーヒーを買いに行ったりして、くつろぐ準備を始めます。

 

ひとりだし狭い方が集中できるので、お部屋は「エコノミーダブルルーム」を選択しました。

 

絶景!・・とはいきませんが、13階のいい感じにひらけた景色が見られます。

 

おひとりポイント① デスク

 

おひとりポイント① デスク

 

デスクがあるので、おこもりして作業したい方にはぴったり。

 

もちろんWi-Fi・電源もあって、通信もさくさく。

 

もちろんWi-Fi・電源もあって、通信もさくさく。

 

横長に切り取られた窓の外には、ビルの間から綺麗な空も見えます。

 

音楽やラジオを聴けるスピーカーもあって気分転換にもなる!

 

(しかしアイフォンの種類によっては対応していないらしい。テンエックスはいけた。)

 

おひとりポイント② 風呂

 

おひとりポイント② 風呂

 

17:00くらいから、早めにお風呂を入れました。

 

ユニットバスなのはいいとして、「ピカピカに清掃されている!」とはいかなかったのが残念でした。

 

でもお風呂で半身浴しながら本読むの最強だと思う。

 

お風呂に新書を持っていく/いかないは賛否あると思いますが、私は持っていきます!

 

好きなところで読みたいし、本の状態よりも身に入るかどうかが大事。

 

スマホとかの誘惑もないから集中して読める!

 

読書×風呂=最強!

 

おひとりポイント③ ベッド

 

おひとりポイント③ ベッド

 

「グランベル新宿」はシモンズ社のマットレスを採用していて、ちょっと硬めだけどふかふかでとても気持ちよいのです!

 

家にほしい・・

 

家のベッドで本を読むと、大体寝落ちしてしまうけど、ホテルのベッドはパリッとしていて妙な緊張感があり(?)集中して本を読めました。

 

ホテル「グランベル新宿」おこもりステイ悲しみポイント

 

ホテル「グランベル新宿」おこもりステイ悲しみポイント

 

「おひとりさまで泊まるには、ちょっと悲しい(; ;)」というポイントも残しておきます!

 

① 朝食・ランチビュッフェなどがコロナでお休み

 

残念なのは、ホテルの醍醐味ともいえるルーフトップバーや、朝食・ランチビュッフェがおやすみしていること。

 

朝食はパン・卵・肉の一択で、ドリンクバーは健在でした。

 

素泊まりならいいけど、食事とかサービスにクオリティを求めている人には物足りなく感じるかも。

 

私はお酒を飲まないからいいけど、お酒好きな人からすると、残念ポイントだと思います!

 

今の時期はコンビニとか自販機でアルコールを購入して、部屋飲みするのが通常モードなのかな・・?

 

コロナの流行が終わったらもろもろ再開すると思うので、存分に楽しみたい方はそれから泊まる方がいいかも。

 

② ラブホ街すぎて夜怖い

 

ホテルから一歩外に出るとラブホが連なっていて、真っ黒のやばそうな車も通るから、治安がいいとはいえなさそうです。

 

明るいうちに買いものとか食事を済ませて、あとは完全にホテルで過ごす分には危ない目にはあわないけど、おひとりさまは特に気をつけた方がいいです!

 

③ アメニティが充実していない

 

スキンケア類はメンズ用のシェービングクリームのみ。

 

化粧水・美容液など、家から持参する必要があります。

 

シャンプー・コンディショナー・ボディソープなどは備え付けタイプで、持ち帰ることはできません。

 

シャンプー・トリートメント・ボディソープ
可もなく不可もないオーガニック系

 

ホテルのアメニティを楽しみにしている人にとっては残念ポイントだと思います。

 

ホテル「グランベル新宿」の個人的な評価

 

ホテル「グランベル新宿」の個人的な評価

 

最後に、ホテル「グランベル新宿」の個人的な評価でしめます。

 

立地   ☆☆★★★

サービス ☆☆☆★★

作業効率 ☆★★★★

睡眠   ☆★★★★

ごはん  ☆☆☆★★

 

ラブホ街にあるのは残念だけど、東新宿の駅から徒歩5分くらいで近いし、新大久保・新宿まで全然歩けます。

 

ホスピタリティがめちゃくちゃある!って感じではないけど、ほっといてくれる感じが個人的には好感。

 
目的の読書ですが、結論めちゃくちゃ集中して読めます。全部とはいかなかったけど、大部の本を半分以上読むことができました。(家じゃ絶対無理な量)
 

読書や作業を目的に泊まる分には、申し分ないと思います。

 

クロワッサンがとても美味しかったから、コロナ明けにビュッフェできて、クロワッサン祭りしたい!