励ましてるつもりで苦しめてる言葉選手権

 

 

励ましてるつもりで苦しめてる言葉選手権

 

励ましてるつもりで苦しめてる言葉選手権

 

最近、素直であることの大切さを知った。(今更)

 

素直な人は人から応援されやすい。どの世界にも共通していえることだと思う。

 

私も本来の心に素直でありたい。そう思った結果…….

 

失敗したときに人からかけられて「それ、励ましてるつもり?」と思う言葉選手権を開催する。(素直とは)

 

励ましてるつもり?な言葉① 「逃げてもいいんだよ」

 

励ましてるつもり?な言葉① 「逃げてもいいんだよ」

 

本当に逃げてもいいなら、私はとっくに最果てにいます。逃げたら逃げたで「マジで逃げたよ…」ってちょっと引いて「まあ、別にいいんじゃない?」って傍観して、そのあと一切のサポートをしないくせに、簡単にこういう無責任なことを言うな??? マラソン大会の「絶対一緒にゴールしようね」くらい無責任だぞ???逃げる=場所を変えたり取り巻く環境を変えたりすることだと思うけど…..場所を変えても人間であること、自分であることからは逃げられないのよ。結局苦しみの根源は自分だから、もし自分がどれだけ恵まれた環境に場所を移そうと、自分から逃げられないならいつまでも苦しいのだよ。逃げも隠れもせず、ぶつかって傷ついて絆創膏はって騙しだまし生きてくしか、結局それしかないのだよ……

 

励ましてるつもり?な言葉② 「次があるよ」

 

励ましてるつもり?な言葉② 「次があるよ」

 

次があることはわかってます。わかった上で今が一番ツライのです。「今この瞬間」の痛みに効く方法を大至急で模索してるのに、「次」という曖昧な一縷の希みに賭けさせるのはやめてくれ???こちとら、次のことを考えている余裕などこれっぽっちもないのだ。たとえば今コロナかかってて苦しい人に、まさか「たぶんだけど、噂で聞いたんだけど、来年にはワクチンできるから…たぶんそれまでの辛抱だから…今は耐えようね」って言わないよね???

 

励ましてるつもり?な言葉③ 「そんな失敗、誰でもやるよ」

 

励ましてるつもり?な言葉③ 「そんな失敗、誰でもやるよ」

 

電話かけたら頭が真っ白になり、無言のいたずら電話になる。こんな失敗は社会人のなかでは私しかしないのです。私とあなたはそもそものスペックが違うのです。あなたはこの失敗をしたところで屁でもないかもしれないけど、私の場合は死活問題なのだ。必死なのだ。失敗してることでそもそも凹んでて、さらには仕事も失いかねないので、そもそも「“そんな”失敗」ですらないのだ。失敗の重みが200キロくらい違う。腰の骨をギリギリいわせながら失敗の重みに耐えているのだ。どうか空気を読んでください。

 

励ましてるつもり?な言葉④ 「あなたなら大丈夫」

 

励ましてるつもり?な言葉④ 「あなたなら大丈夫」

 

私だからこそ大丈夫なわけないだろ。「やらかしそうだな」という自分の危うさは、誰よりも自分が一番よくわかっている。私の場合この言葉で励まされたときは、「もちろん大丈夫にしてくれるよな???」の意だと思っている。京都人の“必殺!!!はんなりプレッシャー”のようなものだと心得ている。私がなにかピンチをひっくり返して大丈夫にしてみせたことがある???ないよね???そういうことだ、今回も例に漏れずない。はい解散。

 

励ましてるつもり?な言葉⑤ 「そんなの気にしなくていいよ」

 

励ましてるつもり?な言葉⑤ 「そんなの気にしなくていいよ」

 

「わかりました、これ以降気にしません。ハイッ!!! …あれ?なんかを気にしてたはずなんだけどなんだっけ…私はさっきまで何をそんなに気にしてたんだっけ???」とか、催眠術でもかけてもらわない限りなりません。気になるもんは気になります。「気にしないようにしよう、気にしないようにしよう」って考えてる時点ですごい気になってます。気にしないって、それはもう私が今できる努力でなんとかできることじゃない。時間が数年経つか(それでも思い出すときは思い出す)寝て完全にこの世と私を切り離すしか解決策はない。(それでも寝て起きたときにはまた思い出す)ダメだ「気になる」の完全勝利すぎる。

 

励ましてるつもり?な言葉⑥ 「私がなんとかするよ」

 

励ましてるつもり?な言葉⑥ 「私がなんとかするよ」

 

それは、一番恐れてたことが起こってしまったことを知らせる「悲報」です……誰にも迷惑をかけまいと頑張ったのに、結局上のものに“けつもち”してもらうという、最悪のカタチで迷惑をかけてしまってるじゃないか。その言葉をうけて、もし私が「はい、私がミスしましたけど、おっしゃる通り私の上司はあなたなので、なんとかしてください。あ〜よかった〜〜」って颯爽と帰宅したらどうするつもりですか??? イラッとしますよね??? 私がミスしてすでに落ち込んでる上に、さらに「あなたへの申し訳なさ」がプラスされた落ち込み方しないと、あなた満足しませんよね???

 

励ましてるつもり?な言葉⑦ 「悪いのはあなただけじゃないよ」

 

励ましてるつもり?な言葉⑦ 「悪いのはあなただけじゃないよ」

 

いや100%私が悪いです。もし相手70、私30くらいの割合で悪いとしても、すでにミスが起きてしまっているわけで、「マジで相手よ…」「ミスを起こした自分よ…」「ああなんでこんなしょうもないことでミスしてるんだよ」「ちょっと確認すればミスなんて起こらないじゃん」って自分を責めてくなかで、自分が100%悪いことになってます。自己肯定感の低さに磨きがかかるだけです。こうなってくるとTwitterなどで似たようにミスした人の投稿を探し、探してるうちに教祖のようなアカウントに出会い、「逃げていいんだよ」の言葉を見つけ、①に戻る…というループが完成します。

 

励ましてるつもりで苦しめてる言葉をかけない

 

結論、同じ仕事仲間からは励まされない方がマシな場合が多いです。必要以上に励まされることで申し訳なさとみじめさが増し増しになり、胃もたれします。

 

どう傷を癒せばいいかというと、全然仕事と関係ない人に話を聞いてもらったり、アイドルの動画みたりする方が意外と早めに癒されます。これは現実逃避だから「逃げ」でもあるんだけど、人から言われて逃げるより「自分で選んで逃げてるんだ」という気持ちが大事。(我ながらクズのいいわけ)

 

仕事で癒されるには、仕事で成功を積むしかない。でもそんな簡単に成功を積めていたら、そもそもこんな惨めな日記など書いてない!!! 今後も私は励まされながら(裏で枕を濡らしながら)生きてくしかなさそうなのであった…