「トライアローグ展」でピカソを贅沢鑑賞 | 美術館の感想レビュー

2020/11/14-2021/2/28まで横浜美術館で開催されている展示「トライアローグ展」に行ってきました!この展示のみどころや、心に残った作品を残します。
 

 

横浜美術館で2021年2月末まで開催「トライアローグ展」

 

横浜美術館で2021年2月末まで開催「トライアローグ展」

 

横浜美術館に行くのはこれがはじめてだったのですが、館内が広々としているうえに常設展示がボリューミーでかなり見応えがありました。

 

横浜らしさを感じる作家や作品が多くて、歴史や情緒を感じられるところも面白かったです。

 

「トライアローグ展」のみどころはなんといっても、横浜美術館・愛知県美術館・富山県美術館の3館の代表作品が一堂に会するところ。

 

普段はそれぞれの美術館で展示されている同一作家の作品が、この展示で久々に同じ地の空気を吸って、心なしか再会を喜んでいるようにも見えました。

 

「トライアローグ展」で会える主な作家

 

「トライアローグ展」で会える主な作家

 

展示されている代表的な作家はこちら。

 

ピカソ / クレー / ミロ / ウォーホル / マグリット / マティス / マン・レイ / ダリ / マグリット など

 

人気のある画家が集結しているので、お気に入りの作家が見つかりやすいのではないかと思います!

 

常設展示にはセザンヌなどの人気画家の作品も。

 

絵画(西洋・日本)から始まって、版画や写真などが登場し、より自由な発想の現代アートまで。

 

歴史を追うような順番で展示されているので、かなり作品に没入しやすかったです。

 

「トライアローグ展」の心に残った作品

 

「トライアローグ展」の心に残った作品

 

展示をみていくなかで、いくつかグッとくる作品があったので、残していきたいと思います。振り返り用や、展示に行けないけど作品が気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

 

※これから展示に行く方でネタバレをしたくない方は、ここでそっとページを閉じてください!

 

ピカソ「肘かけ椅子の女」

 

青い肩かけの女

 

しょっぱなから感動してしまったのですが、ピカソの椅子に腰掛ける女の肖像が「青の時代」→「新古典主義」→「シュルレアリスム」→「キュビスム」の順番で4枚並んでいました。

 

「青い肩かけの女」が視界に入った瞬間、「ドドドドオオオーン!!!」というBGM(?)が心に鳴りました。

 

おぬし、愛知県にいたんか・・!というところにも驚きました。

 

技法を変えた同じテーマの4作品を一度にみられるのは、「トライアローグ展」だけではないでしょうか?

 

アンリ・マティス「待つ」

 

アンリ・マティス「待つ」

 

とはいえ、ピカソよりもマティスが好きなフォービズマー(?)なので、「待つ」を見つけたときはうれしくなりました。

 

色彩ゆたかなんだけど女性たちからポジティブな印象を受けない。

 

奥行きとか光の加減とかを感じない、のっぺりとした印象。

 

この無骨な感じが、ヒロインをより引き立たせる感じがして、とてもよい!!!

 

マティスやムンクなどが一列に並んでいて、とても贅沢でした。

 

オットー・ディックス「孔子の頭部のある静物」

 

オットー・ディックス「孔子の頭部のある静物」

 

筆致や色みがなめらかで繊細なのに、牛の目がマジすぎてギョッとした作品。

 

青白い血管が浮かび上がる牛の頭部が、美しい花やブロッコリー・レタスといった食べものの間に置かれています。

 

牛の瞳にキラキラと光る白い粘膜があまりにもリアルで、すぐそこにあるように感じました。

 

オットー・ディックスという作家は初めて知ったのですが、家に帰ってから他の作品を調べたら、なかなかのホラー作品を数多く手がけていて、すぐに気に入りました!

 

マックス・エルンスト「少女が見た湖の夢」

 

マックス・エルンスト「少女が見た湖の夢」

 

一見すると苔の多そうな湖に見えるのですが、よく見るとそのほとんどが生きものから形成されています。

 

見れば見るほど気づきの多い、面白い作品でした。

 

子供のころにこういう絵本を見たことがある気がするのですが、そのときのワクワク感・ゾゾゾ感を呼びおこしてくれます。

 

ルネ・マグリット「王様の美術館」

 

ルネ・マグリット「王様の美術館」

 

マグリットの作品も初めて目の当たりにしたのですが、まずとても大きかった!

 

あとマグリットは、鑑賞者に考えさせる作品が多いと感じました。

 

この「王様の美術館」も、人によって解釈がさまざまなところが面白いと思います。

 

ポール・デルヴォー「夜の汽車」

 

 

マグリット・ダリに並んで並べられていた、シュルレアリスムの画家・ポール・デルヴォー。

 

ホラー漫画的な美しさと怖さが共存している女性が魅力的でした。(ホラー漫画好き好きおばさんです!)

 

色々ツッコミどころのある絵なんだけど。

 

鏡に写っているのか画家視点なのか謎めいているところは、ベラスケスの「ラスメニーナス」を思い出しました。

 

アルマン「バイオリンの怒り」

 

アルマン「バイオリンの怒り」

 

アルマンは、楽器・電話器・靴などを破壊したり燃やしたりして、新しい作品をつくる彫刻家。

 

禅と仏教思想に影響を受けているのだそうです。

 

バイオリンがぐちゃぐちゃになって、四角いゼリーにプカプカ浮いているようで、見ていてとても気持ちよかった!

 

横にあるのはアルマンの型をとった、別の作家の作品で、これも衝撃的でした。

 

フランシス・ベーコン「座像」

 

フランシス・ベーコン「座像」

 

フランシス・ベーコンの暗〜い絵は、心が落ち込んでいるときによく見ていたのですが(ネクラ・・)この絵も見れば見るほどいい感じに不安になれる作品でした。(悪趣味おばさんです)

 

紫・青・緑・赤などのカラーを使った男の顔が、殴られたような、死相が出ているような。

 

背景も「ズドドオオオオン!!!」っていうBGMで、ゾクゾクするんだけど、目が離せないです。

 

これが“吊り橋効果”というやつでしょうか・・

 

「トライアローグ展」の感想

 

「トライアローグ展」の感想

 

今まで知らなかった作家との新しい出会いが多い展示でした。

 

3館のコレクションが、芸術の歴史を追ってわかりやすく、大ボリュームで見られます。

 

本当に贅沢なので、アート鑑賞が好きな方はぜひ行ってみてください!

 

ちなみに・・

 

ミュージアムショップは、ポストカードの種類たくさんあります!

 

過去に展示されていた(?)ポストカードもそのまま残っているので、好きな作家の絵が必ずあると思います。

 

過去の展示の図録を500円とかで買えるセールもやっていました。

 

カフェも併設されていて、展示とコラボしたスペシャルメニューもあるみたいです。

 

行った際にはぜひチェックしてみてください!