美術館巡り「ルドン・ロートレック展」体験レビュー

東京・三菱一号館美術館で2020年10月24日〜2021年1月17日まで開催されている「1894 Visions ルドン・ロートレック展」にいってきました!

 

年内最後の美術展示です。展示のみどころや心に残った作品について残します。
 

 

美術展示「ルドン・ロートレック展」

 

美術展示「ルドン・ロートレック展」

 

19世紀後半に活躍した印象派の画家に影響を受けた、画家「ルドン」と「ロートレック」の展示です。

 

絵画・版画・ポスター・屏風など、多岐にわたるスタイルの作品が展示されています。

 

ルノワール・モネ・ピサロなどの人気のある画家の絵画もありました。(ゴーギャンの彫刻も!)

 

日本画に影響をうけた印象派の画家がいる一方で、印象派の絵に影響を受けた日本の画家の作品も。

 

ほんとうに盛りだくさんの内容で、気づいたら3時間くらい展示をみていました・・!

 

アプリで聴ける音声ガイド

 

音声ガイドは、アプリで聴けます。

 

自宅でアプリをダウンロードしてから美術館に行くのがスマートです。

 

イヤホンもお忘れなく!

 

美術展示「ルドン・ロートレック展」のみどころ

 

美術展示「ルドン・ロートレック展」のみどころ

 

「ルドン・ロートレック展」のみどころと心に残ったアートについて残します。

 

ロートレックのムーランルージュのポスター

 

《アリスティド・ブリュアン 彼のキャバレーにて》 1893年 リトグラフ/紙 138.2×98.5cm 三菱一号館美術館蔵
《アリスティド・ブリュアン 彼のキャバレーにて》 1893年 リトグラフ/紙 138.2×98.5cm 三菱一号館美術館蔵

出典:三菱一号館美術館

 

ロートレックは、ムーランルージュを描いたことで知られていますが、展示されているポスターの数がとても多くて、見ごたえがありました!

 

ふわっと舞い上がるドレスに巻かれる女性の絵が印象的でした。

 

アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック《ロイ・フラー嬢》1893年 リトグラフ
アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック《ロイ・フラー嬢》1893年 リトグラフ

出典:三菱一号館美術館

 

音声ガイドを聴きながら見ていると、ロートレックのポスターがならぶ展示で「天国と地獄」が流れるので、急かされているような気持ちになり、なぜか早足で見てしまう罠があります。w

 

当時のパリの街に遊びにきたような感覚で、軽快に楽しめたかとおもいます。

 

ルドンの「グラン・ブーケ」

 

オディロン・ルドン 《グラン・ブーケ(大きな花束)》 1901年 パステル/画布 248.3×162.9cm 三菱一号館美術館蔵
オディロン・ルドン 《グラン・ブーケ(大きな花束)》 1901年 パステル/画布 248.3×162.9cm 三菱一号館美術館蔵

出典:三菱一号館美術館

 

「ルドンの黒」というタイトルがついた、主に木炭で描いたモノクロの作品群の展示がありました。

 

展示の後半には、ルドンがパステルを習得してからの作品群が飾られています。

 

パステル画では最大級の「グラン・ブーケ」は、色彩が艶やかで、文字どおり息をのみました!

 

暗い部屋に光のようなまばゆい存在感と、厳かながらどこかなつかしい色づかいでした。

 

個人的にはモノクロの寂しい絵を描く印象が強かったのですが、繊細な感情に色がついた作品群をみていると泣けてきます(泣)

 

美術展示「ルドン・ロートレック展」のまとめ

 

美術展示「ルドン・ロートレック展」のまとめ

 

ルドンとロートレックが特別好きな画家というわけではなかったのですが、時代を追って作品を見れたので充実した時間だったし、ルドンのことが好きになりました。

 

これから行こうと考えている方は、ぜひアプリをダウンロードしてからいって、解説もあわせて楽しんでください!