佐藤優樹さんの卒コンを終えた女ヲタクの嘆き

モーニング娘。’21佐藤優樹さんが卒コンを終え、私のヲタク人生も一旦終わりました。

 

佐藤優樹さんの卒コンは、現場・ライビューなど含めてハロプロ史上最大の3万3000人の動員数だったらしく、私はチケットが取れなかったので泣く泣くライビューで楽しみました。泣きながら卒コンの感想を残します。
 

 

佐藤優樹さん卒コンの「セトリ」について

 

佐藤優樹さん卒コンの「セトリ」について

 

セトリはこんな感じ。

 

1.Teenage Solution
MC
2.女子かしまし物語(モーニング娘。’21ver.)
3.I surrender 愛されど愛
4.ナルシスカマってちゃん協奏曲第5番
5.純情エビデンス
6.Are you Happy?
7.ロマンスに目覚める妄想女子の歌
MC
8.愛してナンが悪い!?
9.泣き虫 My dream
10.ギューされたいだけなのに
11.ビートの惑星
MC
12. 二人はアベコベ/譜久村、牧野、羽賀、北川
13. TIME IS MONEY/佐藤、野中、横山、山崎
14. 信じるしか/生田、石田、小田、加賀、森戸、岡村
15.泡沫サタデーナイト
※ここからメドレー
16.青春Night
17. Help me!
18. One ・Two・Three
19. Tokyoという片隅
20.君の代わりは居やしない
21.愛の軍団
MC
22.このまま!
23.恋愛Destiny~本音を論じたい~
24.What is LOVE?
※アンコール
25.よしよししてほしいの
26.わがまま気のまま愛のジョーク
※ダブルアンコール
MC
27.笑顔の君は太陽さ
※トリプルアンコール
MC

 

「セレモニーなしでもいいから一曲でも多く曲をやりたい」と望んでいたまーちゃん。(泣)

 

セトリもほぼつんく♂さん曲。最後はつんく♂さんへの感謝の言葉で締め、もう「つんく♂さんリスペクトを表現するための卒コンであった」と言っても過言ではないと思います。

 

とはいっても、これからのモーニング娘。をアピールするために(?)新曲・アルバムからのパフォーマンスも多かったです。ヲタク友達の中には「久々の公演だからそうなりますよね…」というのはわかりつつ、不満の残るセトリだと思う人もいたみたい。

 

個人的には、アルバム曲をやってくれたことが熱かったです。(歌割りが違うのは残念だったけど、オリジナルメンバーのパフォーマンスを見てみたかったから嬉しかった…)

 

まーちゃんが慕っていた、れいな・道重・鞘師がいた時期の曲が多いのもジーンときたし、過去と今とこれから、まーちゃんの卒コンにふさわしい選曲だと思いました。

 

佐藤優樹の卒コンで泣いたところ

 

 

オープニングのシルエットでもう泣いてました。(怖)

 

個人的には、2017年にまーちゃんに出会い、色々つらいことなどあったときにたくさん聴いてパワーを貰っていた曲ばかりだったから、走馬灯のように思い出たちが蘇り、勝手に一方的にまーちゃんと歩んできた日々が終わる気がしてすごく寂しくて、まーちゃんがカメラに抜かれるたびに泣いてしまいました…(怖)

 

けど、一番泣けたのはやっぱり1人MC。

 

つんく♂さんに対して「私にたくさんすてきな楽曲と会わせてくれて、本当にありがとうございました!!!」と叫んだところです。(最後の「た」の言い方が尊すぎて、その瞬間に時が止まった…)

 

そこには、これまでまーちゃんがつんく♂さんの曲を理解して自分のものにしてきた全ての歴史が詰まっていて、これまでの人生で聞いてきたどんな感謝の言葉の中よりも群を抜いて美しい感謝のお言葉に思えました…

 

最後の曲を「笑顔の君は太陽さ」にして気持ちを表現したところも、とてもまーちゃんらしい。途中で出てきたメンバーも泣いていて、みんなで円陣を組むところにもグッときました。(ねちんは顔を合わせられないくらい泣いていた…12期はまーちゃんをすごく慕っていたから思い入れが強いのかもしれないですね)

 

佐藤優樹にとってのつんくさん♂とは?(妄想)

 

 

佐藤優樹さんにとっては、「つんく♂さんの曲」こそが一番の理解者であり成長させてくれたかけがえのないものなのではないでしょうか?

 

ファンはつんく♂さんの楽曲に心酔する佐藤優樹にずっと片想いをしてきて、三角関係の相関図のような関係性でトキめかせていただいていたのではないでしょうか…?(図にしてみたら、超絶歪んだ三角関係となった)

 

三角関係

 

そこまで佐藤優樹に敬愛されていたつんく♂さんは、noteでこんな最後の言葉をかけていました。

 

つんく♂さんのnote

つんく♂さんのnote

 

「笑顔の君は太陽さ」を選んだことを、この2人は深いところで理解しあえるのではないか…?

 

そんなことを思うと、勝手に覗いておいて「そうだよね…」と感慨深くなります。(誰)

 

佐藤優樹とつんく♂さんって、言葉や理屈ではなくて、お互いのセンス・感覚で曲を通して会話しているような節がある気がする。奇跡みたいな関係なのです。

 

そしてついでに、私に起きた奇跡も聞いてほしい。

 

私は恥ずかしながらtiktokをやっており、佐藤優樹さんの卒業がきまったときに、こんな投稿をしていました。

 

tiktokの投稿

 

そして、この投稿のBGMに選んだのは他でもなく、佐藤優樹が卒コンで選んだ「笑顔の君は太陽さ」だったのです!!!

 

私はBGMを選ぶときに、なんとなく直感で「まーちゃんには、“笑顔の君は太陽さ”が似合うな」と思って選んだのです。(「過去のインタビューを参考にした」とかじゃないんです!)

 

完全にスピッた。限界ヲタクの末期症状ともいえるかもしれない。

 

佐藤優樹は、多くを語らなくてもそんなことをもヲタクに予感させるのです。

 

※ちなみに12月よりモーニング娘。のTikTokアカウントが開設されたのだが、遅くない!? まーちゃんは“取り急ぎ”って感じでいくつか投稿してるんだけど、絶対ダンスと相性いいんだからもっと早くやってほしかった…

 

佐藤優樹さん卒コンの「衣装」について

 

 

1人MCのとき、黒のコンサバティブなドレスで登場したまーちゃん。

 

光が当たり角度が変わると、メンバーカラー・エメラルドグリーンのスパンコールがキラキラ輝いています。

 

「“なんで黒?”とかどうせTから始まる鳥のやつで言うんでしょ!!!そんなこと言ったら許さないからね!?」と独特の表現で笑いをとりつつ、選んだ理由を語りました。

 

「暗いところで着ていると真っ黒な服なんです。こうやって照明さんだったり、カメラマンさんが映してくれると、エメラルドグリーンが見えるんですよ。黒にエメラルドグリーンを散りばめたこの感じは、今私から見ている、私が見た場内の景色と同じなんです」

 

ドレスって、他の誰でもなく“着る人”を輝かせるものなんだから、「なんとなく色が綺麗だから」とか「パーソナルカラーで顔色が明るく見えるから」とかで選んで貰って全然構わないのに…!!

 

まーちゃんは最後まで「モーニング娘。は自分のものじゃない」ということを理解して、卒コンを周りへの感謝の場所にしたかったんじゃないかと思います。

 

まーちゃん、こんな意志のある衣装の選び方ができるアイドル、なかなかいないよ!?

 

君は素晴らしいよ!? (ちなみに今カフェで書いてるのに、ついに涙こぼれてきました…)

 

佐藤優樹さんの卒コンを終えた感想と今までの総括

 

 

まーちゃんのヲタクは、正直いって嫌われています。

 

なぜなら「頑なにまーちゃんしか好きにならない、話の通じない盲目ヲタク」だからです。(自覚あり)

 

さらにまーちゃんはブログも書かないし、握手会も塩対応だし、卒コンでファンにかけた最後の言葉も「いつまで座ってるの!早く帰りなさい!」だし、つんく♂さんの曲にしか興味ないし…

 

(かと思いきや、めちゃくちゃ周りのこと分析してるし面倒見もいいんだよね…好き)

 

佐藤優樹ヲタクはずっと片想いの日々を過ごしてきたはずで、ヲタクとしては幸せじゃない方かもしれないとすら思います。

 

でもきっとみんな、本当に心から「この人を好きでよかった」「この人以上に好きになれる人はもう現れない」って思ってるはず!

 

それは佐藤優樹さんが群をぬいてプロフェッショナルだったから。つんく♂さんが作った曲の意味・ハロプロの概念を誰よりも理解して表現したから。

 

自分とはかけ離れた感覚を持つ、孤高の天才に魅せられていたのだと思います。

 

加入したときはみんなからナメられている生意気な小学生だったけど、だんだんとお仕事を理解していくにつれて、みんながつい憧れてしまうような誰も追いつけないポジションまで極めてくれました。

 

色々なギャップで私たちヲタクを夢中にさせてくれて、塩対応が気にならないくらいに常にパフォーマンスの高さを更新して「佐藤優樹ヲタクの憂鬱」をひっくり返し続けてくれました。

 

嵐のように過ぎ去ってしまったけど、そういうあまのじゃくなところも含めて愛されていたと思います。全部が完璧じゃないから完璧なのです!!!

 

…はあ(;´д`)=3

 

私は明日から何を糧に生きていけばいいのか!

 

「いまだに過去のアイドルに縋るような“亡霊ヲタク”にだけはなりたくない」「ヲタクをやめるなら潔く足を洗いたい」と思っていたのに、結局まーちゃんの動画とか普通に見ちゃうんだろうな…(でも中森明菜とかたまに見てるしそれと同じか…)

 

でも推しが卒業してもなおハロヲタを貫く友達いわく、「色々迷走するけど、結局ハロプロに戻ってくる」ことになっているらしいので、1年後に普通にハロプロの現場にいるかもしれないです。

 

兎にも角にも、まーちゃんは私にとって後にも先にも最高のアイドルであることは間違いないです。本当に、本当に、生まれてきてくれてありがとう!!!