【美術館巡り】「ロンドンナショナルギャラリー展」に行ってきた!

2020年6月18日(木)〜10月18日(日)まで国立西洋美術館(東京・上野公園)で開催されている「ロンドンナショナルギャラリー展」に行ってきました。展示のみどころやグッときた作品、グッズ情報についてご紹介します!

 


 

すべて初来日「ロンドンナショナルギャラリー展」

 

ロンドンナショナルギャラリー展

 

ルネサンスから19世紀ポスト印象派まで、絵画の歴史を幅広く知ることができる200年の歴史をもつ美術館「ロンドンナショナルギャラリー」の展示に行ってきました。

 

展示のみどころはなんといっても、すべての展示品が初来日というところではないでしょうか。

 

ロンドンナショナルギャラリーはあまり作品を貸してくれないそうで、こんな機会は本当に滅多にないことなのだそう。

 

貴重な展示を楽しみ尽くしたいので、ニコ美(ニコニコ美術)でガッツリ予習してから行きました。

 

時間指定・予約制で空いている!?

 

時間指定をして事前予約なので、一度に入れる人数が制限されています。

 

土曜日に行ったのですが、空いていると思います。

 

前に「ゴッホ展」に行ったときはお客さんの頭で見えない作品もありましたが、ちゃんと正面から、ななめから、近づいて、動いて見れます!

 

最高です。

 

見るべき注目の作品はコレ! [ロンドンナショナルギャラリー展]

 

61作品が集結する大規模な展示なのですが、もちろん有名な画家の作品もありますよ!

 

「ロンドンナショナルギャラリー展」に行くなら、最低限コレは事前にチェックした方がいい!という作品をご紹介します。
 

クリヴェッリ「聖エミディウスを伴う受胎告知」

 

クリヴェッリ カルロ・クリヴェッリ 《聖エミディウスを伴う受胎告知》

 

コレめっちゃ大きかったです。

 

入り口入ってすぐ、圧倒されました!

 

マリアさまが天使から「受胎告知」されているシーンを描いたイタリア・ルネサンスの宗教画です。

 

「受胎告知」はたくさんの画家が描いていますが、この作品はモチーフが複雑に配置されていることで知られています。

 

絵を中央に線を引いて左右に分けたとき、左側は「当時の現実世界」で右側は「寓話」だとされています。

 

なのに左側に天使がいたり、ウリやリンゴなどの寓話にでてくるモチーフが描かれていたりして不思議です。

 

一部のオカルトファンからは、「光線を出しているのはUFO説」があるらしいです。

 

レンブラント「34歳の自画像」

 

レンブラント「34歳の自画像」

 

レンブラントは17世紀のオランダの画家で、この自画像は画家として絶頂期に描いたもの。

 

肖像画は当時、貴族がステータスとして描くことが多かったのですが、レンブラントは自らの自画像を肖像画の見本として提示して箔を付け、注文主から肖像画の注文を得たそうです。

 

「オレは肖像画を描くにふさわしい男だ」といわんばかりに堂々たる出で立ちをしています。

 

もし今に生きていたら、ITを駆使して相当やり手のビジネスマンになっていたのではないでしょうか。

 

フェルメール「ヴァージナルの前に座る若い女性」

 

フェルメール ヨハネス・フェルメール 《ヴァージナルの前に座る若い女性

 

高級な青い石「ラピスラズリ」を使って青の色をだす「フェルメールブルー」のドレスをまとった女性。

 

彼女は誰だと思いますか?

 

壁にかかっている絵画から、客人を待つ娼婦なのではないかといわれています。

 

ヴァージナルを奏でながら、客人の到着を待っていたのかもしれません。

 

ベラスケス「マルタとマリアの家のキリスト」

 

ベラスケス ディエゴ・ベラスケス 《マルタとマリアの家のキリスト》

 

ベラスケスは、17世紀のスペイン王室で活躍した画家です。

 

この絵はなんと、ベラスケスが19歳のときに描いたのだそう。

 

小姑っぽいババアが質素な身なりをしたお手伝いさん(?)に料理の指示をして、お手伝いさんは鬱陶しそうな表情をしています。

 

壁には絵画なのか窓なのかがあり、キリストとマリア・マルタ姉妹の3人が話し合いをしています。

 

「労働」と「祈り」をテーマにしている絵画なのではないか?といわれているそう。

 

食材のリアルさをみてください!

 

魚・卵

 

「魚料理〜アリオリソースを添えて〜」

 

☆ 材料

・魚

・にんにく

・トウガラシ

・卵

・オリーブオイル

 

実際にある料理の材料なのだそうです。

 

美味しそう!

 

ゴヤ「ウェリントン公爵」

 

ゴヤ「ウェリントン公爵」

 

ゴヤは18~19世紀のスペインの宮廷画家です。

 

イギリス軍の司令官・ウェリントン公爵をマホガニーの板に描いた作品。

 

男の空虚なまなざし、疲れきった表情がなんともアホヅラに見えます。

 

なんなら、ウェリントン公爵よりも勲章の方が目立ってしまっているように見えます。

 

人物の見た目や功績ではなくて、心の内側をみて描くのがゴヤらしくていい!

 

ターナー「ポリュフェモスを嘲あざけるオデュッセウス」

 

ターナー ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー 《ポリュフェモスを嘲あざけるオデュッセウス》

 

ギリシャ神話の一場面を描いた作品。

 

巨人を倒した一向が、出帆する場面です。

 

とにかく、色彩がキレイでまぶしいです!

 

幻想の黄金の光はなぜか、どこかでみたことがあるような懐かしい気持ちになります。

 

ゴッホ「ひまわり」

 

ゴッホ「ひまわり」

 

アルル時代、ゴッホが黄色い家を飾るためにルンルンで描いたひまわり。

 

ひまわりの連作の4枚目で、はじめて背景を黄色にして黄色だけでシンフォニーをつくりました。

 

影を描かずにハイライト(花瓶中央の白い点)だけが描かれています。

 

サインを入れるほどの自信作で、ゴーギャンも認めた作品なのだそう。

 

モネ・ルノワール・ドガ・ゴーギャン・コローなどの有名画家の作品軍を“前置き”といわんばかりに、この絵だけが独立した真っ黒なお部屋にドーンと飾られていました。

 

ゴッホどんだけ人気なの・・

 

損保ジャパンが持っている「ひまわり」との違いはこんな感じ。

 

 

ロンドンナショナルギャラリー展のひまわり:本物のひまわりを見て描いた。

損保にあるひまわり:自分が描いたひまわりを見て描いた。

 

 

アルル時代の「ひまわり」の連作は、唯一ゴッホの精神が安定していた時期に描かれた絵なので、絵の具のうごめきと平面的なバランスがいいといわれています。

 

ロンドンナショナルギャラリー展のマイベスト

 

ここからは、個人的に見れてうれしかった&心うたれた作品を3つご紹介します。

 

モネ「睡蓮の池」

 

 

モネ自らがつくった睡蓮の池の庭を描いた作品。

 

昼下がりの空模様が映しだされる水面のきらめきは、近くで見るとかなり複雑なことをしてます。

 

束で置かれた絵の具がキレイ。

 

しばらく見ていると、本当にモネの睡蓮の池の庭にお邪魔している気分になりました。

 

ドガ「踊り子」

 

ドガの踊り子

 

ドガはバレリーナをテーマにした絵を数多く描く画家。

 

当時バレリーナの身分は低く、パトロンをつかまえるためにステージにたつことが多かったのだそう。

 

そんな悲しくも美しいバレリーナたちの練習風景です。

 

全体にぼやっとしているんだけど、濃淡をうまく組み合わせた色使いがとても気持ちよかったです。

 

ゴーギャン「花瓶の花」

 

ゴーギャン「花瓶の花」

 

ゴーギャンの作品は、色使いがエキゾチックで好みです。

 

若干ジャポニズムを感じる。

 

背景と花瓶を置いている台がぼやっと繋がっていて同化しているところ、もしかしてゴッホに影響を受けたのでしょうか・・?

 

グッズ情報 [ロンドンナショナルギャラリー展]

 

ロンドンナショナルギャラリー展に行ったらあわせて買いたいグッズを一部ご紹介します!

 

図録・ミニ図録

 

グッズ
※イメージ

出典:ロンドンナショナルギャラリー展

 

図録にはそれぞれの絵の解説がのっていて、かなり充実した内容になっています。

 

ミニ図録は絵がメインで、ロンドンナショナルギャラリー展の全作品を気軽に楽しみたい方におすすめです。

 

署名トートバッグ

署名トートバッグ
出典:ロンドンナショナルギャラリー展

 

ロンドンナショナルギャラリー展の画家のサインが入ったトートバッグ。

 

これなら地球と私のために、喜んでマイバッグ持参します!

 

和田ラヂヲ コラボTシャツ(ひまわり/ゴッホの自画像)

 

和田ラヂヲ コラボTシャツ(ひまわり/ゴッホの自画像)

 

めっちゃ欲しかったけど売ってなかった・・

 

ほぼ日カルチャんWEBショップ で買えるっぽい!

 

まとめ

 

少しでも美術に興味がある人なら絶対行った方がいいし、絶対ソンはしない展示です。

 

多分、美術が全くわからなくても、有名な作品がありすぎるから「知ってる」ってなると思うし、技法がすごすぎて普通に感動すると思います。

 

チケットがあれば常設展もいけるのですが、その常設展がまたすごいんです・・!

 

それはそれで、内容が濃いのでまた改めてブログを書きます。

 

まだ興奮しています!

 

今日は夢でもロンドンナショナルギャラリーに行きたいです!